【2月7日  「ねがいましては」】

◆3年生がそろばんの学習をしていました。今日は、ボランティアそろばん講師の方をお迎えしての学習。
20240207-1707282700.jpg
まずはそろばんの扱いについて。鉛筆の持ち方や指づかい、用語について。
20240207-1707282734.jpg
(鉛筆をにぎって、そろばんができるのかな?)と不思議そうな子供たち。
20240207-1707282786.jpg
使うのは親指と人差し指だけ、と言われて?
20240207-1707282823.jpg
「こういうことか!」
20240207-1707282839.jpg
飲み込みが早く、さまになっています。
20240207-1707282857.jpg
「すご~い!玉を動かしたら、答えが出ちゃってる!」
20240207-1707282880.jpg
「簡単で、楽しい。」
20240207-1707283285.jpg
「ねがいましては・・・・・・。」講師の方のかけ声で、みんな集中して問題に耳を傾けていました。こういう機会でもないと、普段の生活の中でそろばんを使う場面はほとんどありません。とっても楽しそうでした。

◆なぞなぞ詩の題名を当てよう
2年生が自分で作った「なぞなぞ詩」を読んで、出題していました。
20240207-1707283054.jpg

20240207-1707282986.jpg

20240207-1707283068.jpg
答えは、「たいよう」なるほど。
20240207-1707283092.jpg
「みんなが まぶしい時 ぼくを 2年生にうごかしてもらう みんながくらいと思ってる時 2年生が ぼくをうごかしてくれる みんながいないとうごけない みんながいるからうごける」
答えはカーテン。よく考えたなぞなぞ詩ばかりでした。




投稿者

投稿者: 管理者