【1月25日  風となかよし】

◆1年生が凧作りに挑戦。凧作りの先生の説明を真剣に聞いていました。両面テープを剥がして、ストローの骨を取り付けます。
20240125-1706157177.jpg
(テープ、なかなかはがれないなあ)
20240125-1706157214.jpg
「見て!なみだみたい。エ~ン。」と笑顔。はがした両面テープの裏紙で。
20240125-1706157236.jpg
子供の発想は柔軟です。
「結び方が難しくてわかんない。〇〇先生、来てください。」
20240125-1706157299.jpg
話を聞いても、実際にやってみると難しいものです。頭を近づけてじっくりと見て学んでいました。
20240125-1706157366.jpg
「できそう!」と、再度挑戦。できたら、隣の友達にアドバイス。
20240125-1706157393.jpg
「ここを、こっちの手で持って・・・・・・。」やってあげるのではなく、本人ができるようにサポートしていました。ともに学ぶことのよさです。

いよいよ完成して、いざグラウンドへ。
20240125-1706157455.jpg
雪は止んだもののあいにく風が弱くて、なかなか凧が揚がりません。子供たちは、グラウンドを縦横無尽に走り回り始めました。ところが・・・・・・。
20240125-1706157486.jpg
ひとつだけ空高く凧が泳いでいました。誰かと思えば・・・・・・。
20240125-1706157512.jpg
凧作りの先生。「〇〇先生は走ってないよ。」と言うと・・・・・・。
20240125-1706157561.jpg
「風がこっちから吹いてきてるから・・・・・・。」と、風向きを考え始めました。先ほど教室で、凧を挙げるときには背中から吹いてくる風と仲良くなること、と教えてもらったことを思い出したようです。
「あがった!」うまく風を捕まえて仲良くなったようです。

投稿者

投稿者: 管理者