【7月12日 防犯教室 楽しく 安全であるために】

◆天童警察署生活安全課の方を講師にお招きして、防犯教室を行いました。発達段階に応じて指導をしていただくために、低学年・中学年・高学年に分かれて話をお聞きしました。
 低学年では、「みんなが たのしく あんぜんであるためには きまりをまもる」ことが大切であるというお話でした。
ドッジボールでも、遊びでもルールがあり、それを守らないとみんなと楽しく遊べないし、最終的には自分も楽しく遊べないというところから始まりました。
20220712-1657606687.jpg

 もうすぐ夏休みを迎えます。「自分のくらしを自分で創る」意識を高めたいと願って、この時期に設定しています。

20220712-1657606729.jpg
 次に、「万引き」の話。実際に過去にあった事例をもとに、たった1回の万引きでうまくいってしまうと、その後やめられなくなってしまう、つまり常習性があるということでした。

 他にも、ゲームやインターネットへの依存症の話もありました。
20220712-1657606933.jpg

 おうちの人と、ぜひ、利用時間については相談して決めてほしいというメッセージがありました。また、ゲームは大変頭のいい人が作っているから、人がどんどんのめり込んで課金等をしてしまうように作っている、だから気をつけなければならない。ゲーム内容によって推奨年齢というものがあるので、何でもかんでも勝手にやっていいわけではなく、おうちの人と相談したり、許可が必要であることなど、とても大切なお話がたくさんありました。
20220712-1657607022.jpg

お話が終わって質問タイム。
「依存症って治るんですか?」
20220712-1657607043.jpg
「1日にしてもいいゲーム時間の目安ってありますか?」
「刑法235条っていう話がありましたが、刑法1条って何が書いてあるんですか?」
ちゃんと話を聞いていたからこその鋭い質問ばかり。驚きました。

 中学年、高学年では、発達段階に合わせてさらに具体的な話を伺うことができました。子供たちはとても真剣に耳を傾けていました。メモを取りながら聞いている子もいました。
20220712-1657607135.jpg

   20220712-1657607166.jpg

20220712-1657607193.jpg

   20220712-1657607216.jpg

20220712-1657607239.jpg
 今日の講話を、ぜひおうちの方とも共有してほしいと思います。
 きまりや法律は、みんなが楽しく、安全に暮らすためにあります。自分の言動には、1年生であろうと責任が伴います。
 「自分のくらしは自分で創る」

◆【本を寄贈いただきました】
 天童地区少年補導員連絡会 様より 絵本をいただきました。
『あぶないときは いやです、だめです、いきません』
 子供の身を守るための安全教育に関する絵本です。
20220712-1657607395.jpg
 絵本ですので、どの年齢の子供にもわかりやすい内容です。
 ありがとうございました。

投稿者

投稿者: 管理者