鱒の解剖 6年理科



今日は、6年生が鱒の解剖をしました。

魚の解剖をするのは、初めての6年生がほとんどです。

解剖はさみやメスで、鱒の腹を切っていきましたが、活きがいい鱒なのでピチピチと動きます。歓声ともつかぬ悲鳴をあげながら解剖をしました。

えらや心臓、消化管などの位置やつくりがよくわかりました。

消化管を開いてみると、石が18個も入っていた鱒がいて、みんなでびっくりしました。




投稿者

投稿者: 管理者