心肺蘇生法講習会



毎年、水泳の授業が始まる前に教職員で心肺蘇生法講習会を行っています。今年は、蔵増小学校の先生方と一緒に行いました。被害者の確認と周囲の状況を判断し、救急車の要請、AED持参の呼びかけをした後、意識の確認をします。意識がない場合には、気道を確保します。被害者の様子を観察しながら、「見て・聞いて・感じて・4・5・6」の6秒で判断します。2回息を吹き込み、30回の心臓マッサージを繰り返します。AEDのパッド装着等の仕方も同時に行いました。あってはならない水の事故ですが、万が一のための講習会です。冷静な行動と適切な判断が求められることがよくわかりました。


投稿者

投稿者: 管理者